お客様の声

むくみとサヨナラ! リンパマッサージで顔をスッキリ見せる方法

むくみとサヨナラ! リンパマッサージで顔をスッキリ見せる方法

飲み会などの機会が立て続けに増えるこれからのシーズン。
ついつい遅くまで飲んでしまったり、寝不足が続くと、翌朝顔がむくんでしまいがちですよね。
そんな朝のむくみに悩まされる時は、リンパマッサージが効果的です。
今回はリンパマッサージがむくみを取るのに効果的な理由と、マッサージの手順をご紹介します。


リンパマッサージが効果的な理由

リンパマッサージが効果的な理由

≪枕カバーの汚れがニキビを招く!?≫

首の両サイドを縦に流れるリンパは、体内の老廃物や体液を循環させる役割を担っています。
首のリンパは耳の下を通り、顔面へとつながっているので、顔のむくみと大きく関わりがあるのです。
つまり、首のリンパが何らかの理由で滞っていると顔に溜まった老廃物が流れず、むくんでしまいます。

顔のむくみを効果的に取るには、首のリンパをマッサージすることが重要なのです。

顔のむくみをとるリンパマッサージの手順

以下の手順は全て、両手を同時に動かし左右対称になるように行いましょう。

・その1顔と体を温める

まず顔と手、首から肩を上から順に温かいタオルなどで軽く温めた後、化粧水や乳液でスキンケアを行います。
最後にクリームや美容液を塗って、マッサージ前の準備を整えましょう。

・その2「顔から首へ流す」

顔の中心から両サイドに老廃物を流すイメージで、「額→こめかみ」、「目の周り→こめかみ」、「小鼻の脇、口周り→アゴ」といった順に指を滑らせます。
顔面エリアは、マッサージといっても力はいりません。
力の入れすぎは肌の表面を痛める原因にもなりかねますので気をつけましょう。
クリームや美容液を顔にのばす「ついで」くらいの気持ちでサッと行います。

・その3「こめかみから鎖骨へ流す」

こめかみ周辺に集められた老廃物を、耳の下、アゴを通って鎖骨へ向かい一気に流します。
ポイントは顔の時よりもやや力を入れて、しっかりと指の腹を使ってなでること。
乾燥が気になる季節には、ボディクリームを利用してすべりを良くさせるのもいいでしょう。

・その4「鎖骨から肩へ流す」

鎖骨まで流したら、肩に向かって流します。鎖骨のくぼみから肩の先に向かって人差指から薬指までの三本の指を使って力強く押し流します。
この際、肩に手が回りづらいと感じたら、手を交差させて行うのがおすすめです。

今回紹介したマッサージは、体を温めて血行を促してから行うことで、より効果を発揮します。
むくみをスッキリさせるためにも、起床後すぐにマッサージにとりかかるのではなく、顔や体を温めてから行いましょう。
温かいタオルを用意することが難しい場合は、お風呂に浸かったり、温かいシャワーを浴びるのもおすすめです。

むくみを取り、スッキリとした顔で1日を爽やかにスタートさせましょう。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ