お客様の声

「毛穴の汚れ」「黒ずみ」を取り除くセルフケアケア方法3つ

「毛穴の汚れ」「黒ずみ」を取り除くセルフケアケア方法3つ

「いくら丁寧に洗顔をしても毛穴の汚れが取れない」
「ファンデーションを塗っていても毛穴の黒ずみが目立っている……」

このように毛穴に悩みを持つ女性は多いですが、普段のセルフケア方法が間違っているのが原因になっているかもしれません。
一体どのようなことが毛穴の汚れや黒ずみを引き起こすのでしょうか。
ツルツル肌を取り戻すための正しいセルフケア方法とあわせてご紹介いたします。


毛穴の汚れ・黒ずみを作るNGケアとは?

・毛穴パック
毛穴をスッキリとキレイにしてくれそうな毛穴パックですが、実は毛穴の汚れや黒ずみの悪化を招くことがあります。
毛穴パックをはがすときの強い刺激が肌を傷つけ、かえって毛穴を目立たせてしまうのです。
一度毛穴パックをするとクセになる女性が多いですが、やりすぎには要注意。
肌が硬くなって毛穴がぽっかりと開き、メイクなどの汚れが入り込みやすくなります。

・保湿ケア不足
肌の保湿ケアが不十分で乾燥している場合も、ターンオーバーが乱れやすくなります。
ターンオーバーが乱れると、肌に残った古い角質と毛穴から分泌される皮脂がくっつき合い、毛穴の詰まりを招くことに。
毛穴に詰まった角栓が酸化すると、黒ずみにまで悪化してしまいます。



毛穴の汚れ・黒ずみを改善するセルフケア方法

毛穴の汚れ・黒ずみを改善するセルフケア方法

・綿棒+オイルで取り除く
オイルを染み込ませた綿棒で、鼻などの毛穴が気になる部分をマッサージしましょう。
強くこすると肌にダメージを与える可能性があるため、クルクルと円を描きながら優しくなじませることがポイントです。
このとき使用するオイルは、ベビーオイルやホホバオイルなど、市販のオイルでOKです。
オイルケアを行ったあとは洗顔をして、肌に残ったオイルを落としましょう。

・蒸しタオル+クレンジングで取り除く
毛穴に詰まった角栓は温めると柔らかくなり、取り除きやすくなります。
週に1度を目安にして、蒸しタオルを当てて肌を温めてから、クレンジングを行いましょう。
オイルクレンジングを使うと、毛穴の汚れがよりいっそう落ちやすくなります。
ただし、オイルクレンジング後の肌は乾燥しやすいので、保湿ケアもしっかりと行いましょう。

・丁寧な保湿ケアをする
毛穴の汚れや黒ずみが気になる部分は、皮脂分泌が多いところがほとんどです。
そのため、「あまり保湿ケアをしない」という方も多いでしょう。
しかし、上でもお伝えしたように、保湿不足は毛穴が目立つ原因になります。
過剰な皮脂を抑えるビタミンC誘導体配合の化粧品を使うと、うるおいを与えられると同時に毛穴も引き締まりますよ。

毛穴のトラブルは、たった1度のセルフケアではなかなか改善しにくいものです。
目立つ毛穴を改善するためには、コツコツと継続的なケアを行うことが大切です。
1度のケアで一気に取り除こうとせず、長い目で見ながらキレイな毛穴を目指していきましょう。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ