お客様の声

女性の気になる「小鼻の毛穴」の間違ったケア&正しいケアの方法

女性の気になる「小鼻の毛穴」の間違ったケア&正しいケアの方法

毛穴が開いていたり黒ずんでいると、すぐにでもなくしたいという思いから爪で引っかいたり毛穴に良いとされる商品をたくさん試していませんか?
しかし、違ったケアをするとかえって悪化させてしまうことがあるんです。
目立つ毛穴をこれ以上悪化させないためにも、間違ったケアの内容や正しいケア方法、黒ずみ毛穴の種類についてチェックしていきましょう。

小鼻の毛穴の種類

毛穴の黒ずみは文字どおり、いかにも黒い汚れが詰まっているように思われるかもしれませんが、実際は下記の3種類の原因のせいで黒く見えています。

つまり毛穴
肌が乾燥すると、自らを守ろうとして皮脂をたくさん分泌します。
その皮脂や古くなって剥がれた角質が毛穴に詰まった状態を、詰まり毛穴と呼びます。

開き毛穴
もともと皮脂の分泌が多い男性や、間違ったケアを繰り返し行っている方は、毛穴が大きく開いた状態になります。
このような状態を、開き毛穴と呼びます。

黒ずみ毛穴 紫外線などのダメージによって毛穴の入り口からメラニンが生成され、色素沈着してしまい毛穴全体が黒ずんで見えるのです。



小鼻の毛穴を悪化させる間違ったケア

ピーリングや毛穴パックの使いすぎ
毛穴が目立つからといって、ピーリングやパックなどを頻繁に使用すると、肌に必要な水分も一緒に奪われてしまいます。
肌の水分が奪われると皮脂が過剰に分泌され、つまり毛穴や開き毛穴になってしまうので注意が必要です。

プッシャーや爪などで傷をつけている
毛穴の黒ずみを押し出すためにプッシャーや爪を使っていじることで、毛穴だけでなく周りの皮膚が傷ついてしまいます。
皮がむけて乾燥してしまったり、雑菌が入って炎症を起こしたりする場合があるのでおすすめできません。

肌に合わない成分のアイテムを使い続けている
毛穴の黒ずみに効果があるからと、肌に合わない成分が含まれる洗顔料や美容液などを無理に使い続けると肌に負担がかかり、炎症がおこる場合があります。
炎症が起きると、治るどころかかえって悪化させてしまうのです。



小鼻の黒ずみを予防する正しいケアの方法

小鼻の黒ずみを予防する正しいケアの方法

小鼻の毛穴を綺麗にするには「毛穴を清潔にすること」と「保湿」が重要です。
黒ずみ毛穴をクリアにするためにも、まずは適度な洗顔で皮脂汚れを落としていきましょう。

肌に優しい成分の洗顔料で洗い、すすぐときには人肌程度のぬるま湯でしっかりと洗い流します。
仕上げに冷水をかけて軽く冷やすと肌が引き締まり、毛穴開きを防ぐことができますよ。

また、ピーリングやパックなどは使用頻度を2週間に1回までにとどめ、とくに汚れが気になるときだけのスペシャルケアとして取り入れると良いでしょう。
さらに、洗顔後の保湿ケアでは水分を多く閉じ込めるように意識するのがポイント。
毛穴が水分を含み、ふっくらと膨らんで毛穴が目立たなくなります。
水分はフタをしないと蒸発してしまうので、化粧水などを浸透させ毛穴をふっくらさせた後はクリームなどを塗り乾燥を防ぎましょう。

キュッと引き締まった毛穴を手に入れるためには、間違ったケアを見直して、正しいケアを取り入れていくことが大切です。
今日からあなたも美しい小鼻を手に入れるためのケアをはじめてみませんか?



お気軽にご相談ください。
ページトップへ