お客様の声

「秋のシミ」には要注意! 夏の紫外線に負けないシミ予防とお肌のケア

「秋のシミ」には要注意! 夏の紫外線に負けないシミ予防とお肌のケア

秋になると暑さも落ち着き、紫外線に対する意識も低下しがち。
中には秋に入った途端シミが目立ち始めるといったケースも珍しくありません。
実はこのシミ、夏の紫外線が時間を置いて現れたものなのです。

「秋のシミ」が出来てしまった時、どう対処すればよいのでしょうか?
今回は秋になると突然現れる「秋のシミ」について、その予防法や対処法となる肌ケアの仕方をご紹介していきます。

「秋のシミ」は夏の紫外線が作ってる?

秋に現れるシミは、およそ2ヵ月前、夏に受けた紫外線が作り出したシミなのです。
夏のシミが時間を置いて現れる訳には、肌のターンオーバーの仕組みが関係しています

そもそも肌にできる「シミ」とは、人間の肌に備わった防衛機能のこと。
強い紫外線を受けた肌の色素細胞が、メラニンを作り出して体を守ろうとするため現れるものです。
日差しの強い環境に負けないように、肌の内側に生まれた新しい皮膚は黒く変色して紫外線の害を受けづらい状態に変化しています。

この生まれたての皮膚が表皮にターンオーバーしてくるまで、2ヵ月ほどの時間がかかるので、秋口になると突然シミが目立ってしまうのです。



秋こそ気を付けたい紫外線の予防法

夏の紫外線によってできてしまう「秋のシミ」ですが、出来てしまったものは治すしかありません。
そのためには夏の暑い時期を乗り切っても、紫外線予防を続ける必要があります。

厳しい夏を乗り越えて秋になると、紫外線予防はおろそかになってしまう方も多いかと思います。
ですが秋に紫外線防止を怠ってしまうと、「秋のシミ」の範囲が広がってしまったり、なくなるまでに時間がかかることも。

夏以降も紫外線防止のためのクリームを利用するなど、しっかりと手を入れた方が良いのです。



秋のシミを回復するための肌ケア

秋のシミを回復するための肌ケア

もし秋にシミが目立つようになってしまっても、お肌のケアをしっかりして正しいターンオーバーを続けられるよう意識しましょう。
睡眠不足や栄養不足など、ターンオーバーを邪魔する要素があると、シミが回復しづらく、跡が残りやすくなってしまいます。

またシミが気になる期間は無理なダイエットを控え、生活習慣を整えるようにしましょう。



シミを治すには保湿ケアも忘れずに

シミができてしまうと治すことに目が行ってしまいがちですが、保湿などの日々のケアも忘れずに行いましょう。
季節の変わり目には、その時の湿度に合わせて保湿量を変えて、肌のバリア機能を高めることは大切になります。

肌荒れなどでシミが発生する事もあるため、肌の健康を守ることが大切なのです。
また気温の変化が激しくなると体力が落ちてしまったりして、ついついスキンケアをおろそかにしてしまうこともありますよね。
しかしここで手を抜くと肌のダメージが残りやすくなってしまうため、気を引き締めて肌ケアを継続しましょう。

まずは紫外線を予防し、しっかりケアをしてシミを落とすことが大切。
暑さが収まってきたからといって油断せず、お肌を大切にケアし続けてあげましょう。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ