お客様の声

夏の「ゆらぎ肌」は何が原因? 暑い夏を乗り切る対策法

夏の「ゆらぎ肌」は何が原因? 暑い夏を乗り切る対策法

ゆらぎ肌は環境の変化によって起こる敏感肌のことを指します。

季節が変わるタイミングはゆらぎ肌になりやすいのですが、春から夏にかけては特に要注意。
夏の本番が始まる前に、しっかりと夏のゆらぎ肌対策をすすめていきましょう!

今回は夏のゆらぎ肌が起こる原因と、その対策法をご紹介します。

夏のゆらぎ肌の原因

ゆらぎ肌の原因はさまざまですが、夏のゆらぎ肌の主な原因は「紫外線」です。春から夏の間は紫外線量が大幅にアップします。
紫外線は肌に少しずつ負担をかけていきますので、肌へのケアを怠ると、夏まっさかりのタイミングで肌の不調が現れるようになります。

紫外線だけではなく、気温や湿度の変化もゆらぎ肌の原因です。
夏の前は“梅雨”の季節でもありますので、夏に向けて上昇していた気温が一時的に下がったり、湿度が上がったりと気候に大きな変動が出てきます。
季節ごとに蓄積された肌ダメージと、梅雨の影響が相まって、夏のゆらぎ肌を作ってしまうのです。



夏のゆらぎ肌はどう対策すべき?

夏のゆらぎ肌はどう対策すべき?

夏のゆらぎ肌を改善させるためには「肌を正常な状態に戻す」という意識と、この意識に沿った対策をおこなっていく必要があります。

・紫外線対策がゆらぎ肌対策の第一歩!
ゆらぎ肌の原因に挙げられる「紫外線」への対策は欠かせません。
天気が悪いとついついUVケアを怠ってしまいがちですが、曇り空の下でも紫外線は降り注いでいます。
曇りや雨の日なども必ずUVケアをおこなってください。

ただ、晴天時以外でのUVケアの場合、あまりSPFが高くないものを選ぶほうが良いでしょう。
SPFの値が高いと日焼けなどの原因となるUVBから肌を防御してくれますが、肌への負担が大きいです。
雲によってUVBがさえぎられるので、いつも通りの紫外線対策をおこなうと逆効果になってしまうかもしれません。

・肌の保湿で弱った肌を優しくケア
ゆらぎ肌は肌が不安定な状態にあり、ちょっとした刺激も大きなダメージになります。
肌のバリア機能を正常に戻してあげるよう対策をおこなう必要があります。

バリア機能は肌が乾燥することで弱まりますので、バリア機能の改善には肌の保湿が必要です。

保湿をおこなう際は、セラミドなど保湿力の高い成分が含まれたケア製品を使うようにしてください。
ただし、肌が敏感になっていますので、あまりお手入れに力を入れすぎると逆効果。
肌を痛めないよう、シンプルなケアに留めておきましょう。

こまめな水分補給や加湿器の利用もおすすめです。

・肌のために“シャワー”だけで終わらせないこと
気温が高くなってくると湯船に浸かるのがツラくなってしまうため、シャワーで済ませてしまう方も少なくありません。
しかし、血行促進は肌のためを思うならマストです。お風呂にしっかり浸かり、血行を改善してあげることで、お肌にしっかりと栄養が届くようになります。

夏は体への刺激が強い季節です。夏にゆらぎ肌になってしまうと、そのダメージは秋・冬へとつながっていきます。
負の連鎖が起こる前に、しっかりと対策をおこなって、ゆらぎ肌にならないような毎日を過ごしていきましょう!



お気軽にご相談ください。
ページトップへ