お客様の声

通勤中にダイエット! 電車やバスでもカロリーを落とせる方法5選 

通勤中にダイエット! 電車やバスでもカロリーを落とせる方法5選 

仕事が忙しいと、どうしても自分のための時間を作るのは難しいですよね。
自分磨きもしたいけど、家に帰ったらゆっくり休みたい! と思っている人もいるでしょう。
そんな人におすすめなのが、電車やバスの中でも実践できる通勤時間を有効に使ったダイエット法です。

今回は、通勤中のちょっとした時間でできるダイエット法を5つご紹介します。

エスカレーターより階段を使おう!

ダイエットを効率よく行うには、消費カロリーを増やすことが必須です。
なるべく階段を使って体を動かす機会を作ることで、消費カロリーを増やせます。
意識して背筋を伸ばし、足の裏をしっかりつけて上り下りするだけで、全身の筋肉をうまく使うことができます。

普段エレベーターやエスカレーターを使っている方は、ダイエットに取り組むチャンスです! 



立っているときはお腹に力を! 

電車内や信号待ちなど、通勤中には立ち止まるタイミングも多いです。そんなちょっとした時間もダイエットに使ってしまいましょう。

立っているときは背筋をスッと伸ばし、おへそを3cm上に持ち上げるようなイメージでお腹に力を入れます。
あごを軽く引いて、お尻もキュッと閉めましょう。

たったこれだけでも、普段使わない腹筋を鍛えることができます。



座っているときは両膝をくっつける! 

疲れているときは電車やバスでも座りたい、そう思うことは自然なことです。
しかし座っていてもダイエットに取り組みましょう! 

座っているときは、かかとと両膝をしっかり密着させます。
目立たない程度に両足を浮かせて座ると、お腹周りのダイエットに効果的です。
簡単そうに見えますが、10分ほど続けるだけでも腹筋や足の筋肉に負荷がかかり、美脚効果が期待できます。



吊革につかまってほっそり二の腕に! 

電車やバスでは吊革につかまったら、二の腕に効くダイエットをやってみましょう。

吊革につかまったら、脇をきゅっと締めた状態をなるべくキープします。
二の腕に力が入り、普段の生活では使わない筋肉を鍛えることができます。
自分の身長よりすこし高めの吊革を選んでもいいかもしれませんね。



揺れる車内でインナーマッスルを鍛える!

揺れる車内でインナーマッスルを鍛える! 

あまり揺れが激しくない電車なら、吊革につかまらずに揺れに合わせてバランスを取ることで、インナーマッスルを鍛えることができます。

足を軽く開きつま先はやや外側に向けます。
この状態で足が動かないようにバランスを取りながら、目的地まで頑張りましょう。
ただし混雑しているときやヒールの付いたシューズの時は避けたほうが無難です。

忙しい時でも通勤中のちょっとした時間と工夫でダイエットをすることができます。
「帰りは疲れていてそれどころではない」という方は、まずは朝の通勤時間を使ってダイエットをする習慣をつけてみてはいかがでしょう。
はじめはつらいと感じることでも、毎日の習慣にしてしまえば無理なくダイエットを進めることができます。

ぜひ明日の通勤から試してみてください! 



お気軽にご相談ください。
ページトップへ