お客様の声

乾燥肌ほどメイク崩れしやすい理由とスキンケア&メイクの対策法

乾燥肌ほどメイク崩れしやすい理由とスキンケア&メイクの対策法

乾燥肌は、肌トラブルが起こりやすくなるだけでなくメイク崩れが起きやすくなるやっかいなもの。
肌質を改善しようといろいろなスキンケアを試していても、すぐに効果が表れず歯がゆい思いをしているのではないのでしょうか。

そんな乾燥肌ケアと平行して行いたいのが、メイク崩れを起こさないためのポイントをおさえたメイク方法。
乾燥肌ほどメイク崩れが起きやすくなる理由とあわせてご紹介します。



乾燥肌ほどメイク崩れが起きやすくなる理由

洗顔時に使用するお湯の温度が高すぎる、保湿ケアがきちんとできていない、など日常生活における間違った習慣が原因となり、乾燥肌に傾くように。

その結果、足りない水分をこれ以上失わないようにと、肌が皮脂を過剰に分泌して水分の蒸発を防ごうとします。
その皮脂がメイクと混ざりあうことでヒビ割れやヨレといったメイク崩れが起きやすくなってしまうのです。



乾燥肌のメイク崩れを防ぐスキンケアのポイント

乾燥肌のメイク崩れを防ぐスキンケアのポイント

●洗顔後は美容オイルをプラス
洗顔後にすぐ化粧水を塗るのではなく、美容オイルを使うようにしてみましょう。
使用する美容オイルの量は1~2滴でOK。
手の温度で温めてから、ハンドプレスでじっくりと肌に浸透させてください。

●化粧水は2~3回に分けて肌に与える
1回でたっぷりの化粧水を肌に与えるのではなく、2~3回に分けて与えるようにしましょう。
2回3回と塗り重ねる時は、化粧水が肌に馴染んだことを確認してからつけるようにしてください。
それにより、肌に化粧水が浸透しやすくなりますよ。
化粧水を塗る際も、ハンドプレスで手の温度を借りながら行ってください。
もっちりとした感触が得られたら、化粧水によるケアの終了サインです。

●乳液を忘れずに!
乾燥肌の方のなかには、「皮脂が多く出るから」と乳液を省く方もいますがこれはNGです。
乳液でカバーしてあげないと、より肌は皮脂を過剰に分泌してしまう恐れがあります。
ただし、肌に与え過ぎると毛穴を詰まらせてニキビなどの原因となるので、パッケージに記載されている使用量を守るようにしてください。



乾燥肌のメイク崩れを防ぐメイクポイント

乾燥肌の方のメイク崩れを防ぐためには、厚塗りにならないようシンプルなメイクを心がけることが大切です。
スキンケアでしっかりと土台を作ったら、丁寧に下地とファンデーションを重ねていきましょう。

●乾燥肌の方は下地がマスト!
乾燥肌のメイク崩れを防ぐ上で、ファンデーションのつきを良くしてくれる下地の使用は欠かせません。
今ではUVカット効果がプラスされているものもあるので、紫外線対策としてもおすすめです。
ポイントは顔全体に薄く伸ばすこと。

おでこやアゴ、鼻、両頬と5点に下地をのせたら、手のひらを使って顔の外側へと向かって伸ばしてきましょう。
ムラなく伸ばせない場合は、パフを使って優しく叩き込むようにすると良いですよ。
同じ要領でファンデーションを重ねていきます。

このような方法でスキンケアやメイクをしてもひどいメイク崩れに悩まされる場合は、メイク時に美容オイルをピンポイントで使用してみましょう。
乾燥がひどい目もとなどはリキッドファンデーションに1滴オイルを混ぜる、パウダーファンデーションを使う前に肌に薄く伸ばすなどするとメイク崩れが起きにくくなりますよ。

乾燥肌によるメイク崩れにお悩みの方は、ぜひこれらの点をおさえたスキンケアを実践してみてくださいね。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ