お客様の声

【シミの特徴別にご紹介!】 シミをメイクで隠す時のポイント

【シミの特徴別にご紹介!】 シミをメイクで隠す時のポイント

普通にメイクをしても、シミはしっかりとカバーしないと目立ってしまいます。
メイクでしっかりシミをカバーしたい、そう感じている女性も多いのではないでしょうか。
シミの色や形は個人差が大きいため、同じやり方でも十分に隠せないこともあります。

そこで今回は、シミを上手に隠すメイクのポイントをご紹介します。



濃いシミはファンデーションの前にしっかりカバーを

色が濃く比較的大きいシミは、ほとんどの場合化粧下地だけではカバーすることが難しいです。
濃いシミをカバーするには、肌の色よりも少し濃いカラーのコンシーラーを選びましょう。
テクスチャーは固めのものがおすすめです。

化粧下地をなじませたあと、シミが気になる部分にピンポイントで乗せます。
指でトントンとたたくようになじませましょう。
一度にたくさん塗りすぎると、その部分だけ浮いたようになり余計にシミが目立ってしまうことも。少量ずつ様子を見ながら足していくことがポイントです。



薄く小さいシミにはリキッドタイプのコンシーラーがオススメ

そばかすやまだできたばかりの薄いシミには、柔らかめのテクスチャーのコンシーラーがおすすめです。
筆タイプのものは広範囲になじませやすく、薄付きでもしっかりカバーしてくれます。
少し広めにコンシーラーを乗せたら、パフで叩き込むようになじませましょう。
コンシーラーが肌にしっかりなじんでから、ファンデーションも叩き込むようにしてなじませます。



使うファンデーションによってコンシーラーの順序が変わる

コンシーラーはファンデーションの前に使うものだと思っていませんか?

実は使うファンデーションのタイプによって、コンシーラーを使うタイミングが変わります。
この順番を守るだけで、しっかりシミをカバーすることができます。
パウダーファンデーションの場合は、先に紹介したように化粧下地を乗せたあと、ファンデーションの前に使います。
リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションの後に使うことが基本です。



小さく濃いシミにはスティックタイプを

小さく濃いシミにはスティックタイプを

小さくて濃いシミやほくろをカバーしたい場合は、スティックタイプのコンシーラーが便利。
カバー力が高く、ピンポイントで隠したいシミに効果的です。
スティックタイプのコンシーラーは、ファンデーションのタイプに関わらずファンデーションの後に使います。
コンシーラーをなじませたら、ルースパウダーをたたいて仕上げましょう。

自分のシミに合わせたコンシーラーを使うことで、今までよりもしっかりシミをカバーすることができます。
しかし、シミは何もケアせずに改善するのは難しいでしょう。

メイクでシミを隠すことは一時的なものであり、根本的な解決にはなりません。
毎日のスキンケアにシミケアも取り入れてみてはいかがでしょう。
根本的なシミケアを同時に取り組むことで、シミの進行にアプローチをかけることも大切です。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ