お客様の声

ニキビを悪化させるクレンジング? 間違いクレンジングに要注意!

ニキビを悪化させるクレンジング? 間違いクレンジングに要注意!

ニキビ肌にお悩みの方は毎日のケアに気を配っていることでしょう。
しかし、正しいと思って行っていたケアが実は逆効果だったというケースも少なくありません。

特にクレンジングは要注意。間違ったクレンジングはニキビを悪化させる大きな原因です。 一度クレンジング法を見直してみてはいかがでしょうか。


ニキビ肌には刺激の少ないクレンジング剤を選んで

まずはクレンジング剤選びから。
ニキビには刺激は一番の大敵です。また肌が乾燥しすぎたり摩擦によって細かい傷がついてしまうと、そこからアクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビが悪化してしまうのです。
そのためクレンジングはより肌にやさしいものを選ぶ必要があります。

オイルタイプのクレンジングですと、メイクなじみは良いですが肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうこともあります。
シートタイプはとても便利ですが、こすらないとメイクを落とすことが難しいため、ニキビ肌の人は避けるべきでしょう。



正しいクレンジング4ステップ

理想の肌への第一歩はクレンジング次第、とも言われているほど、クレンジングはとても重要なスキンケアです。
正しいやり方をマスターして、ニキビの改善に努めましょう。

◆ポイントメイクはあらかじめオフ!
アイメイクや口紅など落としにくいポイントメイクは、専用のリムーバーを使ってあらかじめオフしておきましょう。
ナチュラルメイクの人はこのステップを飛ばしてもOKです。

◆Tゾーンからのせる
少し多めのクレンジング剤を取ったら、まずはTゾーンからのせます。
小さな円を描くようにやさしくメイクとなじませましょう。

◆頬・口元・目元までなじませる
次に頬・口元・目元までしっかりなじませます。
小鼻や目じりなど細かい部分は、薬指を使いましょう。

◆ぬるま湯で十分に洗い流す
顔全体にクレンジングがなじんだら、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。
こめかみや生え際、フェイスラインは流し残しができやすい部分なので、意識してしっかり流します。



クレンジングは1分以内に手早く済ませる!

クレンジングは1分以内に手早く済ませる!

クレンジングは長い時間をかければかけるほど、肌に負担がかかります。
できるだけ短時間で終わらせるよう心がけてください。できれば1分以内に済ませるのが理想です。

ごしごしこするのはNG。基本は中指と薬指を使って小さな円を描くように動かします。
クレンジング剤にはさまざまなタイプがありますが、どれが良くてどれが悪いということは肌質によりけりです。
特にニキビ肌の人は注意してクレンジング剤を選びましょう。自分の肌質やニキビの原因を考慮することが大切です。

ちょっとしたポイントを押さえるだけで肌への負担を抑え、ニキビの悪化を防ぐことができます。
クレンジング剤の選び方や使い方を変えれば、今まで改善が見られなかったニキビ肌にも変化が現れるかもしれません。
もちろんクレンジングはスキンケアの1つに過ぎませんので、ここにだけ意識を傾けるだけでは不十分。
ガンコなニキビにお悩みの方はクレンジングの見直しから、ケア全体の見直しへとステップアップしてみてはいかがでしょうか。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ