お客様の声

老化を早める可能性も! 肌質別クレンジングの選び方

老化を早める可能性も! 肌質別クレンジングの選び方

メイクをしているほとんどの女性が、化粧を落とすためにクレンジング剤を使っているのではないでしょうか。
基礎化粧品は肌質に合わせて選んでいる人が多いですが、クレンジング剤は肌質に合ったものを使用していますか?
肌質とは関係なく、なんとなくクレンジング剤を選んでいる人が多いようです。

しかし肌質に合ったクレンジング剤を使用しないと、肌への負担が大きくなり、ダメージを与えることになりかねません。
今回は、肌質に合ったクレンジング剤の選び方を紹介します。



1. 乾燥肌にはミルクタイプ

乾燥肌は水分、油分ともに不足しがちなので、洗浄力の強いクレンジング剤を使うと、肌トラブルの原因になります。
乾燥肌タイプは、とにかく肌に優しいクレンジングを選びましょう。

いろいろなタイプがある中でも、特にミルクタイプのクレンジングがおすすめです。
ミルクタイプは水分、油分ともに含まれているので、肌への刺激が少なくデリケートな乾燥肌も安心してメイク落としすることができます。



2. 敏感肌は界面活性剤が少ないクレンジング剤

敏感肌は少しの刺激にも過敏に反応してしまうので、界面活性剤が少ないクレンジング剤を選びましょう。
クレンジング剤には少なからず界面活性剤が含まれているので、どうしても肌への負担が気になります。

敏感肌の人は、乾燥肌タイプと同じミルクタイプかクリームタイプ、または乳白色のゲルを使用しましょう。
刺激が強いので、クレンジング剤を使いたくないという人は、乳液やオリーブオイルでの代用もOKです。

しかし厚化粧していると完全にメイクを落とすことができないので、薄化粧の人限定です。



3. 脂性肌、普通肌はオイル、リキッド以外のクレンジング剤

脂性肌、普通肌はオイル、リキッド以外のクレンジング剤

脂性肌や普通肌は、ある程度どのクレンジング剤でも使用することができます。
しかしオイルやリキッドは界面活性剤が多く使用されているので、肌への負担を考えると使わない方が良いでしょう。
脂性肌の人は、皮脂をしっかり落とすことができるオイルクレンジングを選びがちです。

しかしオイルクレンジングはクレンジング剤自体を洗い流すために、かなりの回数お湯で洗わなければいけません。
そのためさっぱり感は得ることができますが、必要な皮脂まで洗い流してしまうというデメリットがあります。

必要な皮脂まで洗い流してしまうと、肌が危機感を持つので、より多くの皮脂を分泌するという悪循環に陥ってしまうことになるのです。

きちんと肌質に合ったクレンジング剤を選ぶことで、肌の健康を保つことができます。
いつまでも若々しい肌を保つためにも、肌質に合ったクレンジング剤を使用してくださいね。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ