お客様の声

保湿が重要! 角栓が抜けた後のアフターケア方法

保湿が重要! 角栓が抜けた後のアフターケア方法

スキンケアの最中に角栓が抜けて、ぽっかりと毛穴が開いてしまうことってありますよね。
そういうときどのようにケアをしたら良いのか詳しくご存じでしょうか?

角栓が抜けた後に起きがちな肌トラブルと、それを回避するアフターケア方法をご紹介します!



角栓って何? 抜けるとどうなる?

そもそも角栓とは、皮脂と古くなった角質が混ざり合って毛穴に詰まったもの。
パックなどで落とすこともありますが、スキンケアの最中にポロッと落ちてしまうことも少なくありません。

角栓が抜けた後は、毛穴が開いて無防備な状態になっています。
そのまま放置するとクレーターのようになってしまったり、雑菌が入ってニキビや炎症を引き起こす恐れがあります。

再び角栓ができる原因にもなるので、アフターケアをしっかりすることが大切です。



角栓が抜けた時のアフターケア方法

1.お湯で洗顔
角栓が抜けた後は肌の内部、真皮層にもダメージが及んでいます。
まずはお湯で顔をすすいで、肌を活性化させましょう。

2.冷水で引き締め
次は冷水で毛穴を引き締めます。
お湯との温度差で、より毛穴が締まりやすくなります。

3.保湿
角栓が抜けた後、肌を乾燥させると毛穴の開きが治りにくくなります。
また、肌が乾燥するとバリア機能が低下し、ニキビや炎症などの肌トラブルを引き起こします。

「毛穴=あぶらっぽい」というイメージを持ちがちですが、乾燥させるほうが悪化につながるので注意が必要です。
角栓が抜けた後は必ず保湿をして、肌の回復を促しましょう。

保湿をすることで肌がふくらみ、毛穴が目立ちにくくなる効果も得られます。



保湿は何を使えばいいの?

保湿が重要! 角栓が抜けた後のアフターケア方法

保湿は普段使っている化粧品で構いません。
しかし手持ちの化粧品の保湿効果が弱い場合は、ワセリンを使った保湿をおすすめします。
ワセリンは保湿剤として有名ですが、火傷や傷口などを治すときの湿潤療法にも使われています。
肌を乾燥させないことで、傷を素早く治す効果が得られるのです。

それだけの乾燥予防効果のあるワセリンなので、保湿が必要な毛穴にも最適です。
なお、顔全体に塗る必要はなく、角栓が抜けた部分に塗るだけでOK。

夜に塗り、朝に拭き取って洗顔をするか、クレンジングをしてからメイクをしましょう。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ