お客様の声

乾燥で肌がかゆい! その原因と肌ケアを紹介

乾燥で肌がかゆい! その原因と肌ケアを紹介

空気が乾燥する冬の季節、肌も乾燥しがちです。

肌が乾燥するとかゆみを引き起こすこともあり、辛いかゆみに悩んでいる人もいるでしょう。
そこで今回は冬に肌がかゆくなる原因と、かゆみを抑える肌ケアを紹介します。



なぜ冬は肌がかゆくなるの?

乾燥すると肌がかゆくなる原因はいくつかありますが、大きな原因としてあげられるのは、バリア機能の低下です。
空気が乾燥すると肌の水分量が減ってしまうことで、肌の表面に細かい傷ができてしまいます。
細かい傷がついてしまうとバリア機能が低下し、外部からの刺激に敏感になることで、かゆみを引き起こしてしまうというわけです。

また、お風呂も原因のひとつです。
寒い季節はついつい熱めのお湯に長く浸かってしまいがちです。
長時間お湯につかると角質がはがれやすくなり、肌の保湿力が低下します。

その状態でごしごしと体を洗ってしまうことで、より症状を悪化させてしまうこと恐れがあるので注意が必要です。



かゆみが出てしまったら

しっかりケアをしているつもりでも、いつの間にか乾燥が進み急にかゆみが出てしまうことも珍しくありません。
もし肌のかゆみが辛い場合は、まず薬を使用して肌の調子を整えるようにしましょう。

掻きむしってしまって、細かい傷が目で見てわかるような状態なら、迷わず医薬品を使用することをおすすめします。
まずはバリア機能が正常に働くように回復させることが大切です。

医薬品にも保湿成分が配合されているものを選ぶと効果的ですよ。



症状が落ち着いて来たら本格的な保湿ケアを

症状が落ち着いて来たら本格的な保湿ケアを

薬を使用すると、比較的早い段階で肌の症状は落ち着いてきます。
傷が目立たなくなったら、本格的な保湿ケアを行います。

傷がまだある場合は症状を悪化させてしまうことがあるので、傷の部分は避けて保湿クリームなどを塗るようにしましょう。
保湿クリームにもさまざまな種類がありますが、自分の肌に合ったものを使用することが大切です。

肌にかゆみがあるということは、肌が敏感になっていることがほとんどです。
肌に優しい成分でできたものを選ぶようにしましょう。



お風呂からあがったらすぐに保湿を!

保湿するタイミングも大切です。
お風呂上がりはもっとも肌の水分が蒸発してしまうタイミングです。
お風呂からあがったらすぐに保湿をするようにしましょう。

「10分以内に保湿をすることを目安に」とよく言われますが、できれば浴室の中でケアすることが最も効果的です。
体にある程度水分が残っている方が、乾燥を防ぐことができます。

乾燥はますます進んできますから、毎日のケアが大切です。
すでに傷が目立つような状況では、保湿よりも治療を優先させるようにしてください。
お風呂上りや水仕事のあとは、特に乾燥しやすい状態ですから、保湿を欠かさずに行って冬でも潤ったハリのある肌を保ちましょう。

お気軽にご相談ください。
ページトップへ