お客様の声

冬の乾燥から肌を守る! 暖房器具との上手な付き合い方

冬の乾燥から肌を守る! 暖房器具との上手な付き合い方

寒さが厳しくなると、生活の必需品となるのが暖房器具です。

エアコンやホットカーペット、こたつなど種類を挙げていくときりがありませんが、その暖かさと引き換えに、私達の肌から水分を奪っていくのもまた事実です。
今回は、生活の中で改めるべき点と対策を紹介します。



冬に乾燥する原因は発汗の減少

私達の体は、暑いと感じると体温を下げようと汗をかきます。

そのため、寒い冬が訪れると汗をかきにくくなります。
すると皮脂が分泌しても汗と混じり合わないため、肌の保護膜を作れなくなり肌が乾燥しやすくなるのです。

さらに暖房器具を使うことにより空気が乾燥し、肌の乾燥に拍車をかけてしまいます。
これは、エアコンの風で洗濯が乾きやすくなることと同じ原理です。



指先やかかとには保湿クリームを

冬の乾燥から肌を守る! 暖房器具との上手な付き合い方

人間の体は、乾燥しやすい箇所とそうでない箇所があります。

例えば指先やかかとのように、比較的脂肪が少ない箇所は乾燥しやすく、ホットカーペットやこたつ等を長時間使用していると、「乾燥」「粉を吹く」「ひび割れ」などの原因となってしまいます。
それを防ぐためにも、保湿クリームを塗るようにしましょう。



洗顔を入念に行なう

冬は夏より汗をかかないという理由で、洗顔が雑になってしまう方がいますがそれは大きな間違いです。
乾燥した肌に暖房器具を使用することで、肌の乾燥に拍車をかけています。

すると体は温めようとして、皮脂を沢山分泌しようとします。
これにより乾燥肌にも関わらず、顔や肌がテカテカとしてしまうのです。
このテカテカを放置してしまうとニキビなどを引き起こす恐れがあるので、洗顔で不要な皮脂を取り除きましょう。

洗顔は目や鼻、口等、パーツ毎に行い、38℃前後のぬるま湯ですすぎ、タオルで水を十分に拭き取ってください。
こうした後のスキンケアは、肌に化粧水が浸透しやすく乾燥を防ぎやすくしてくれます。



肌を露出しない

素敵なファッションを心掛けているとどうしても薄着になってしまいますが、乾燥肌を気にするのであればできるだけ避けた方が賢明でしょう。

なぜなら、肌は暖房器具の風や器具などに直接触れることで、肌の水分がより奪われ易くしてしまうからです。
肌を美しく保つためには、タートルネックや長ズボンなど、肌を出来る限り出さない服装を心掛けることをオススメします。

部屋を保湿する

暖房器具を使用すると、どうしても部屋は乾燥してしまいます。
乾燥を防ぐには、加湿器を併用すると良いでしょう。

そうすることにより部屋の乾燥を防ぎ、肌も乾燥しにくくなります。
また、加湿器がない場合には、部屋に濡れたタオルや洗濯物などを下げておくのも良いでしょう。

寒さ対策に乾燥はつきものです。しかし、それを予防する方法は少しの心がけです。
まずはどれか1つだけでも始めてみてはいかがでしょうか?

お気軽にご相談ください。
ページトップへ