お客様の声

シミの原因はメラニン色素だけでない! 乾燥が招くシミとは?

シミの原因はメラニン色素だけでない! 乾燥が招くシミとは?

これからの季節、肌の乾燥が気になる方も多いでしょう。

夏が過ぎると紫外線量も少なくなりシミ対策を怠りがちですが、冬もシミ対策は必要です。その理由が肌の乾燥です。
シミは肌の乾燥で引き起こされる場合もあります。

シミを増やさないためにも、これからの季節は乾燥対策が欠かせません。



肌の乾燥によってシミが出来るメカニズム

シミができる原因はメラニン色素の沈着です。
肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常に働いていれば、メラニン色素は古い角質などと一緒に体の外へと排出されます。

しかし、肌が乾燥してしまうと肌のターンオーバーが正常に働けなくなります。
それによりメラニン色素が排出されず肌に沈着しやすくなり、シミができてしまうのです。

さらに、肌のターンオーバーが正常に働かなくなると、古い角質が層となって肌に残ったままになります。
すると、肌の水分をキープする役割がある角質層が十分に働けなくなり、肌の乾燥がより進みやすくなる、シミができやすくなる、といった悪循環に陥ります。



シミをこれ以上作らないためのスキンケア方法

シミの原因はメラニン色素だけでない! 乾燥が招くシミとは?

普段の食事の際に、取り入れるだけのとても簡単な方法です。

加齢によって肌のターンオーバーは遅くなります。それにより、肌もより乾燥しやすくなるため、これからの季節は特に乾燥対策をしっかりと行うことが大切です。
肌にうるおいがあることで、肌のターンオーバーの遅れも最小限になるのです。

スキンケア方法のポイントは、化粧水や美容液の成分です。
すでにできてしまったシミにはメラニン色素の色を薄くするハイドロキノンといった美白成分が含まれているものでケアしましょう。

乾燥によるシミを防ぐなら、私たちの肌の角質層に存在するセラミド、保湿力の高いヒアルロン酸、壊れやすいビタミンCを改良したビタミンC誘導体などが含まれているスキンケア用品をオススメします。



洗顔後のスキンケア時の注意点

洗顔の後は、素早く肌に水分を与えるようにしましょう。
「化粧水をバシャバシャつける」
「手早くパパッとつける」

このような方法では肌に十分なうるおいを与えることはできません。
オススメは化粧水を手のひらで温めてから、肌に与える方法です。
手でプレスするようにじっくりと化粧水を浸透させます。また、乾燥が気になる時は1度で肌をうるおわせようとするのではなく、2~3回に分けて水分を与えるようにしてください。

また、肌のターンオーバーが遅れている場合は、古い角質が肌に残り化粧水の浸透を阻んでいることもあります。
こういったケースの場合は、グリコール酸が配合されている化粧水などで肌に残った角質を取り除いてから肌にうるおいを与えてみてください。

乾燥肌を一度で改善してしまうスキンケア用品は存在しません。
毎日のスキンケアをしっかりと丁寧に行って、肌にうるおいをもたらしましょう。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ