お客様の声

夏前に要チェック! メイク崩れを防ぐ方法&お直し術

夏前に要チェック! メイク崩れを防ぐ方法&お直し術

春夏は汗や皮脂の増加によって、メイクがドロドロに崩れやすくなるもの。
しかし朝のちょっとした工夫で、そのメイク崩れが防げるってご存知でしたか?
1日中サラサラ美肌をキープする朝のスキンケア&メイク方法、そして昼のお直し方法をまとめてご紹介します!


メイク崩れを防ぐ! 朝のスキンケア&メイク方法


・春や夏でもしっかり保湿する

暖かい季節はついつい保湿ケアを怠りがち。
しかし肌が乾燥すると、バリア機能を保つためにかえって皮脂分泌が活発になってしまいます。
春や夏でも化粧水と乳液を使って、乾かない肌へと導きましょう。
どうしてもベタつきが気になるという場合は、収れん化粧水を含ませたコットンでパッティングするのがおすすめです。
皮脂の分泌を抑制し、毛穴もキュッと引き締まります。


・スキンケア後に10分待つ

朝のスキンケアを終えたらいよいよメイクですが、スキンケアとメイクの間は10分ほど空けましょう。
化粧品が肌になじんでからメイクをすることで、化粧下地やファンデーションなどの密着度がアップし、崩れにくくなります。


・皮脂抑制タイプの化粧下地を使う

ベースメイクの仕上がりや持ちは、化粧下地の種類で決まるといっても過言ではありません。
乾燥肌の方が高保湿タイプの化粧下地を使うように、皮脂が多い方は皮脂抑制タイプの化粧下地を使いましょう。
なお、混合肌の方は、化粧下地をパーツによって使い分けることをおすすめします。
乾燥しやすい頬には高保湿タイプを使い、Tゾーンには皮脂抑制タイプを使いましょう。


・メイクの仕上げには水分+ティッシュオフ

皮脂崩れを防ぐためには、ベースメイクを肌にしっかり密着させる必要があります。
そこで使っていただきたいのが、ミスト化粧水とティッシュです。
まずベースメイクをすべて終えたら、ミスト化粧水を、顔全体がしっかり濡れるまで吹きかけます。

そして2枚重ねにしたティッシュで顔全体を覆い、その水分を吸収しましょう。
この簡単な一手間で、サラサラの崩れにくい肌が完成しますよ。
ちなみにミスト化粧水がない場合は、スプレーボトルに入れた精製水でもOKです。

キレイ肌を取り戻す! 昼の簡単お直し術

キレイ肌を取り戻す! 昼の簡単お直し術

1日中キレイな肌でいるためには、やはりランチタイム時のメイク直しが必要です。
ただし、崩れたメイクの上からメイクを重ねてしまってはNG。
汗や皮脂が浮いているときは必ずティッシュで押さえてから、フェイスパウダーを重ねましょう。
ファンデーションではなくフェイスパウダーを重ねることで、毛穴の目立たないふんわり肌を作ることができます。
また、汗や皮脂によるメイク落ちで気になるクマやニキビなどのトラブルには、ファンデーションの上からでも使えるリキッドタイプのコンシーラーが便利です。
薄付きハイカバーのコンシーラーを用意して、メイク崩れだけでなくトラブルもカバーしましょう。

春や夏の季節はお楽しみがたくさんのシーズンですよね。暑くても外に出て遊びやイベントを楽しむ機会が増えます。
そんなときでもサラサラの肌をキープするためにも、朝のメイクや昼のメイク直しには工夫が必要です。
今回のメイク術を参考にして、春夏の皮脂テカリ悩みから解放されましょう。

お気軽にご相談ください。
ページトップへ