お客様の声

マスクで肌荒れ? マスクをつける時期に気をつけておきたい肌への影響

マスクで肌荒れ? マスクをつける時期に気をつけておきたい肌への影響

寒い季節や花粉の季節にはマスクをつける機会が増えるもの。
しかし、マスクのつけ方を間違えると肌にトラブルが起きてしまうこともあるので充分気をつけたいものです。
マスクが肌に与える影響や、正しいマスクのつけ方についてチェックしてみましょう。


マスクによる肌トラブルに要注意!

マスクをつけていると呼気で口元が保湿されるため、風邪などウイルスによる感染症の予防だけではなく、肌の乾燥対策にも役立ちます。
しかしマスクをつけっぱなしにしていると、逆に肌トラブルを引き起こすこともあります。
常に肌が保湿された状態が続くと、肌のバリア機能が低下してしまい、肌に負担がかかったり角質が傷ついたりしてしまうのです。

さらに、マスクをつけていると次第に肌が蒸れて目に見えない雑菌が繁殖してしまいます。
つまり、マスクを長時間使い続けていると口元が不衛生な状態になってしまい、ニキビや肌荒れといったトラブルが起きやすくなるのです。


マスクが肌に与える悪影響とは?

マスクが肌にもたらすトラブルの原因は他にもいろいろあります。
不織布タイプのマスクの表面というのは少しザラザラしていますよね。
マスクを長時間つけっぱなしにしていると、肌に触れる部分がこすれて肌に刺激を与えてしまい、肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

抗菌剤によるアレルギーにも注意したいもの。最近では抗菌剤が配合されたマスクも販売されていますが、この抗菌剤がアレルギーの原因となるケースもあります。
抗菌剤配合のマスクをつけてから何かしらの悪影響が見られた場合は、着用をひかえるようにしてください。


肌への影響を防ぐ、正しいマスクのつけ方

肌への影響を防ぐ、正しいマスクのつけ方

マスクは肌に悪影響を及ぼすことがあるとはいえ、風邪予防や花粉症の人にとってマスクは必需品です。
肌への影響を防ぐためにも、正しいマスクの使い方を知っておきましょう。

マスクをつける前と外したあとには、肌を意識的に保湿しましょう。
肌荒れ対策のできるコスメや、敏感肌用の化粧品を使うのも効果的です。
使い捨てマスクを使う場合には、一度使ったマスクは再利用せず取り替えるようにするのもポイントです。
マスクを時々外して空気を入れ替え、肌を休めてあげてください。

肌に優しい素材にこだわってマスクを選ぶのもオススメです。
コットンガーゼのマスクやシルクのマスクなども販売されているので、ぜひ取り入れてみましょう。

肌荒れがなかなか改善しないと悩んでいる場合、その原因は間違ったマスクの使い方にあるのかもしれません。
マスクを正しく着用して、肌への悪影響を上手に防いでいきたいものですね。


お気軽にご相談ください。
ページトップへ