お客様の声

枕カバー○日に1回は洗うべき!? ニキビと枕カバーの関係とは

枕カバー○日に1回は洗うべき!? ニキビと枕カバーの関係とは

枕カバーは睡眠中、ずっと肌に触れています。
だからこそニキビを予防するためには、枕カバーにも注意を払う必要があるのです。
では具体的にどのようなことに注意するべきなのか、ニキビ対策の一環として詳しく探ってみましょう。


枕カバーとニキビの関係とは

≪枕カバーの汚れがニキビを招く!?≫

枕カバーには、寝ている間に分泌されている皮脂や汗がたくさん付着しています。
そのため、洗わずに使い続けていると雑菌が繁殖し、ニキビや肌荒れなどの原因となってしまうのです。

≪枕カバーの素材にも要注意≫

たとえ枕カバーをこまめに洗っていたとしても、素材が肌に合っていないと肌トラブルの原因になります。
生地が肌を刺激することでバリア機能が損なわれ、ニキビができやすくなるのです。



ニキビを作らない枕カバーの選び方

ベストな枕カバーが見つかったら、今度は洗濯方法にも気を配ることが大切です。
どれくらいの頻度で洗うべきなのか、買い替え時期とあわせて見ていきましょう。

≪2~3日に1回は洗濯・交換を≫

枕カバーは2~3日に1回は洗濯をして、清潔な状態に保ちましょう。
そのつど洗って乾かすのが面倒なら、洗い替えを何枚か用意しておくことをおすすめします。

≪洗いやすいものを選ぶ≫

たとえ素材が肌に合っていても、洗いにくい枕カバーだと洗うのが面倒になり、雑菌の繁殖を招いてしまいます。
できるだけ取り外しが簡単で、洗濯機で手軽に洗えるものを選びましょう。



枕カバーの洗濯方法・買い替え時期

枕カバーの洗濯方法・買い替え時期

枕カバーの汚れや刺激がニキビの原因になってしまわないよう、まずはどのような枕カバーを選ぶべきなのかチェックしてみましょう。

≪肌に優しい素材を選ぶ≫

枕カバーを選ぶ際はまず、肌に優しい素材を選ぶことがポイントです。 ポリエステルなどの化学繊維は避けて、綿やシルクなどの表面がなめらかな素材の枕カバーをチョイスしましょう。 摩擦が少なければ、肌だけでなく髪の毛のダメージを防ぐことにもつながります。

≪洗いやすいものを選ぶ≫

たとえ素材が肌に合っていても、洗いにくい枕カバーだと洗うのが面倒になり、雑菌の繁殖を招いてしまいます。
できるだけ取り外しが簡単で、洗濯機で手軽に洗えるものを選びましょう。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ