お客様の声

肌を守るなら、「目」の紫外線対策は必須!

肌を守るなら、「目」の紫外線対策は必須!

紫外線対策というと、夏に顔や肌に日焼け止めクリームを塗ることを思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、紫外線は一年中降り注いでいるため、年間を通しての対策が必要となります。

さらに忘れてはいけないのが、「目」への紫外線対策です。
目への紫外線対策を怠ると、白内障などの病気になる恐れが高いからです。

美容はもちろん健康面を考えて、目への紫外線対策をしっかりと行いましょう!



紫外線の種類

紫外線には二つの種類があります。
一つは「日常紫外線」、もう一つは「生活紫外線」と言われるものです。

「日常紫外線」とは、長時間浴びる事によって肌のメラニン色素が製造され、肌が黒くなるなどの影響を与えます。
一般的にUV-Bと呼ばれているものです。

「生活紫外線」とは、表皮の奥の真皮まで達する為、肌のコラーゲンなどを変質させ肌荒れやシワ、シミなどを引き起こします。
こちらは、UV-Aと呼ばれており、雲や窓ガラスなどを通過してしまいます。そのため屋内にいても、紫外線対策を怠ることはできません。



紫外線は目にどのような悪影響を及ぼすの?

肌は黒くなったり、シワになったりと目で変化が分かるので、自ら予防を行おうという気になりますよね?

しかし、目は自ら確認することがあまりないため、つい防止そこねてしまう傾向があります。
そのため、気づかぬうちに目が日焼けしているケースが多いのです。

目の中にある角膜や水晶体というのは、紫外線を吸収して目を守ってくれる役割がありますが、大量の紫外線を浴びることで、その役目を十分に果たせなくなってしまうのです。



目が日焼けするとどのような症状が?

次のような現象が起きていないか、チェックしてみましょう。

■目が充血する
■異物感がある
■目が開けられない
■目が乾燥する

紫外線が角膜などにあたることによって炎症を起こし、このような症状を引き起こします。
しかし数日すると治ってしまうので、そのままの状態で放置してしまいがちです。

怖いのは、それを放っておくうちにどんどんと紫外線が蓄積されて、ゆくゆくは白内障などの病気の原因になってしまうことです。



目の紫外線対策方法

肌を守るなら、「目」の紫外線対策は必須!

いくら肌の紫外線対策をしていても、目の紫外線対策をしていないと、目が紫外線を浴びることで「脳にメラニン色素を作れ」と指令を出してしまうのです。
指令を出す事によって、肌の紫外線対策も半減してしまうことでしょう。
そのため、目の紫外線対策は欠かせません。

目の紫外線対策方法の1つには、UVカット機能がついたサングラスやメガネを身につけることです。
もしくは、UVカット機能がついたつばの広い帽子を被るのも1つの方法です。

肌の紫外線対策に加えてこのような目の紫外線を行うことも意識してくださいね。



お気軽にご相談ください。
ページトップへ