お客様の声

花粉による肌トラブルを防ぐ!花粉から肌を守るためのベースメイク術

花粉による肌トラブルを防ぐ!花粉から肌を守るためのベースメイク術

花粉の時期に、肌にかゆみを感じたり肌が荒れてしまったりすることってありませんか?
花粉が肌にもたらす肌トラブルは、メイクの仕方ひとつで劇的に改善させることができますよ。
花粉から肌を守るためのベースメイクテクニックを紹介します。


花粉の時期のベースメイクのポイントは?

花粉が飛散する時期には、肌に花粉が付着してかゆみが出たり、肌が荒れたりしてしまいがち。
春先は肌ダメージを軽減するためにメイクをせずに過ごすという人もいると思います。
しかし、肌に触れる花粉の量を減らすという観点で考えれば、ファンデーションなどで適度に肌をカバーしたほうが効果的なのです。

肌が乾燥している状態が続くと、花粉が少し触れただけでも肌は敏感に反応してしまうものです。
特に、乾燥しやすい冬を過ごした肌の内側はかなりドライな状態になっていることが多いもの。
肌トラブルを防ぐためにもまずはきちんと肌を保湿し、それから適切なベースメイクを施すよう心がけましょう。


花粉を寄せ付けないベースメイクとは?

花粉症の症状がある場合には、ベースメイクはパウダーではなくリキッドやクリームを活用するのがオススメです。
パウダーの細かい粒子は肌に余計な刺激を与えてしまい、花粉症の症状が悪化してしまうこともあるのです。

リキッドやクリームのファンデーションは時間が経つとメイク崩れしてしまうこともあります。
こまめにメイク直しをしたり、BBクリームを併用したりして上手に乗り切りましょう。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使うと肌のテカリが気になる、という人もいるかもしれません。
パウダーで仕上げたい場合には、マットに仕上がるタイプのファンデーションを取り入れると良いでしょう。


花粉の時期のアイメイクはどうしたらいい?

花粉の時期のアイメイクはどうしたらいい?

目のかゆみが出るため目薬を使っているという人は多いもの。花粉の時期にはせっかくアイメイクをしてもすぐに崩れてしまうので困りますよね。
目元はとてもデリケートなので、花粉の時期にはアイメイクを避けるというのもひとつの方法です。
アイメイクをする必要がある場合には、バッチリマスカラのアイメイクではなく、クリームタイプのアイシャドウでシックに仕上げると良いでしょう。

花粉症の症状がキツいと、メイクをして外出するのもおっくうになってしまいがち。
でも、花粉の影響を受けにくいメイクの方法を知っておけば、春先の肌トラブルを避けて快適に過ごすことができますよ。


お気軽にご相談ください。
ページトップへ